●物件探しについて

物件の購入相談を受けるたびに思うことがあります。 リノベーションの話ができなくて、どうやって中古物件の話ができるのだろうと。 持ち家をリノベーションだけの話なら、リノベーションの知識だけで乗り切れます。 リノベーションせずに住み替えたほうが?など、さまざまな可能性があるので、...
確定申告の時期がやってきています。 ローン控除の時期ですね。 たまーに、こんな問い合わせがあります。 もちろん弊社で仲介をしたお客様ではないですが。 「去年に家を買って、住んでいます。 今年の確定申告のローン控除書類の中に耐震基準適合証明書という書類があります。 どこで発行できますか?」と。 答えは、どこででもできません。...
今、ご案内物件の見学の段取りをしております。 お客様のご希望の物件数は6件。内、3件が居住中。 居住中とは。売主様が住んでらっしゃる状態ということですので、 ご案内しようと思えば、売主様、売主様の仲介会社、買主様、私の 4者の予定が合って初めてご案内可能となります。 なので、実は結構大変なんです。それぞれのマンションの移動距離、...
前職は伊丹の工務店で、建築営業+土地探し+分譲地の開発を担当しておりました。 まぁ、何でもやらせていただいたような気がします。 なので、伊丹市、宝塚市、川西市の土地勘は結構あります。 あと、一時期は尼崎市に住んでいたこともあり、 サブオフィスが西宮市にあり、 事務所が芦屋市、家が神戸市東灘区。...
ローン控除が使いやすくなります。 今、物件を検討してくださっているお客様からのご質問で再度色々調べました。 現在、ローン控除の要件の一つに築年数があります。 木造住宅の場合は築20年、構造がRC(コンクリート造など)の場合は築25年以内なら、ローン控除を受けられます。 ※もちろん他の条件を満たせば。...
昨日に引き続き、告知事項についてです。 では、今日は「どのような死なら告げる必要があるのか」についてお伝えします。 原則として、 「宅地建物取引業者は、人のしに関する事案が、取引の相手方等の判断に重要な影響を 及ぼすと考えられる場合には、これを告げなければならない」 です。...
不動産の物件資料に「告知事項あり」という言葉が記載されていることがあります。 これは、読んでそのまま。必ずお伝えしないといけないことがある。 ということです。 よくあるのは、その家で誰かが亡くなっている。ということですね。 では、その「亡くなっている」という事実を不動産会社はどこまで...
先日、中古マンションを買ってリノベーションをしたい方のご相談を受けました。 別の不動産会社(賃貸を多く取り扱う業者)に相談したところ、 築10年くらいじゃないと価値がなくなってしまう。から、後で売りにくくなるから、 その辺りの築年数のマンションを買うべき。と。 その人の話を直接聞いたわけではないので、真意は分かりませんが、...
リノベ目的で物件探しをお客様としています。 そのお客様は駐車場が必須です。 が、マンションの敷地内は空きなし。 そんな時、当たり前の話ですが、地図を作ってお客様に近隣の駐車場の 情報を提供します。 そんな時、時折冷たーい不動産屋さんに出会います。 「Re Loopの小野と申しますが、◯◯パーキング、空きありますか?」 「ありますよ!」...
今日は、昔からお世話になっている工務店さんからのご紹介で、 土地探しのお客様との面談でした。 すでに検討している土地がありましたが、すでに条件付きで先客がいる物件でした。 しかし、その条件が厳しい条件のようでそれを上回る条件を提示すれば、 順序が入れ替わるかも、といった内容でした。...

さらに表示する